今時カルテを持って人間が走り回るなんて。。。

今時カルテを持って人間が走り回るなんて。。。

 

今まで派遣社員として事務の仕事をしてきたけど、年齢的にも派遣社員ではなく安定した仕事に就きたいと医療事務に転職。就職先はある医療ドラマの舞台にも使われたことのある少し有名な総合病院。でも、ふたを開けてみれば・・・システムが全くととのっていないおんぼろ病院だった!よくドラマで使ってもらえたなぁ・・・。今の時代電子カルテは常識で、診察券をスキャンすれば前回の来院日、今までに何科にかかったのか、症状等々、様々な情報を一気に見られるのに、その病院は実際のカルテを見ないと何一つ分からないというありさま。だからその日の受付担当者以外の事務員は、みーんなカルテを探しにひた走る。真冬でも脇汗MAXで走る走る。看護士さんが勝手にカルテを持って行って、必要なカルテが見つからなーい。時間がかかって怒られるの私。ソレっておかしくない?理不尽すぎない?持ってった看護士さんお咎めなし?そんな不満が日に日に膨らむ。私は医療事務をしに来てるんじゃい!これじゃただのカルテ探し要因だよ!!

 

 

細かすぎて部下の意見を聞かない上司

細かすぎて部下の意見を聞かない上司

 

今の職場に来た当初は、上司はやさしい感じで周りの人とも良い雰囲気だったので特に何も感じなかったです。
数ヶ月が経ち、いろいろ仕事をやっていくと、上司用の説明資料を見せると、細かな点の修正が何回も入り、なかなか先に進まないようになりました。
また、急な仕事が他の担当から依頼があった時に、上司が不在だったので、自分の判断で回答をして、後日その報告をすると事前に相談がない、とか、報連相がされていない、
と指摘を受けるようになりました。
ひどい時には、別室に呼ばれて30分から1時間程度、なぜ報告がないのか?仕事の詰めが甘い、なぜできないのか?と説教を受けることが数回ありました。
そういうのが数回続いたのと、資料がなかなか進まないのもあり、会社に行くのが嫌になり始めました。また職場に言っても上司と話すと、否定的な意見ばかり言われるため、
話すのも嫌になり、周りの人とも話さない日々が続くようになり、会社に行くのが嫌になってきました。
数年ごとに異動があるのですが、そこまで耐えられずやめたいと感じることが多くなりました。"

 

 

こちらの記事もよく読まれています

産休の取得率がとても低い
残業が多くて、帰宅時間が遅い
残業代のでない時間外労働が多すぎる
仕事がまわってこなくなった